このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
地域連携センター 

地域連携センターとは

当院では「信頼される医療の提供を通じて、地域住民の健康づくりに貢献する。」を基本理念として、地域の急性期中核病院として、救急医療の充実と高度・専門医療を推進し、地域住民の方の要望に応えていきたいと考えております。

一方、開業医の方々は、地域に密着した「かかりつけ医」として、地域住民の方の日常的な健康管理及び突発的な疾病に対応されております。

近年の医療技術の高度化・専門化に伴い、適切な医療を提供していくためには、両者の機能分担と連携が特に重要になってきています。

また、家族の支えや様々な社会資源の利用により、患者さんを地域全体で支えるために、介護・福祉など他の職種の方との連携をとる必要性も非常に高まっています。

地域連携センターでは、相互に関係する「地域連携」「医療相談」「在宅支援」の業務を集約し、地域との連携に関わる業務を行っています。



主な業務内容

地域連携グループ

当院と地域関係機関などとの医療・福祉の連携推進の体制整備と総括的な調整業務を担当します。

なお、受診予約の受け付け始め、紹介・逆紹介に関する業務は「病診連携室」で行っております。


医療相談グループ

ソーシャルワーカーが、医療費・生活費・社会復帰等について、患者さんや家族の方々と話し合って解決方法を見つけ、安心して治療が受けられるよう、相談や支援を行っております。


在宅支援グループ

看護師が入院中の患者さんや家族が退院後も在宅での治療を継続し、安心して生活できるよう相談に応じております。


  • 相談に関する詳しいご案内はこちらをご覧ください。


豊川市民病院地域連携センターだより