このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
脳神経外科 

脳神経外科のご紹介



 
診察内容、検査、治療について

当科は昭和58年開設で、30年の歴史を持つ東三河地区の中核的脳神経外科施設のひとつです。
豊川市を中心に新城市・北設楽郡の一部を含む25万人前後の人口をカバーしています。
現在5名の医師が常勤し、外来診察、入院治療、手術などを1年365日24時間体制で行っています。

脳神経外科が扱っている疾患は脳血管障害(脳卒中)や頭部外傷などの救急疾患が中心ですが、 脳腫瘍や機能的疾患(三叉神経痛や顔面けいれんなど)の手術も積極的に行っています。

当科には、脳卒中専門医3名、血管内治療専門医2名、神経内視鏡技術認定医2名、脳卒中の外科指導医1名、 頭痛専門医1名(重複あり)が在籍し、疾患に合わせて担当医を決めることで、より専門性の高い最先端医療を提供しています。

脳血管障害には、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などがあります。脳梗塞超急性期には、血管内治療専門医が中心となって、tPA静注療法、血栓回収療法(血管につまった血栓を取り除く治療)などを行い、運動麻痺や言語障害などの症状が劇的に改善する患者さんもいらっしゃいます。脳出血に対しては、神経内視鏡技術認定医が中心となり、急性期に血腫除去術を行うことで、意識状態が回復しその後のリハビリが効果的に行えるようになります。くも膜下出血は、大半が脳動脈瘤の破裂が原因で、急性期に再出血予防の手術が必要となりますが、血管外科を専門とする医師が開頭クリッピング術を施行したり、血管内治療専門医によりコイル塞栓術も行えます。

また、当院では、脳血管撮影装置(血管内治療に使用)や神経内視鏡に加え、ナビゲーションシステム、神経モニタリング装置、超音波吸引装置等、最先端機器を多数取りそろえて手術を行っています。これにより、聴神経腫瘍や下垂体腫瘍といった頭蓋底腫瘍、グリオーマ、転移性脳腫瘍などの悪性腫瘍に対する摘出術や生検術、三叉神経痛、顔面けいれんに対する根治術(神経血管減圧術)など、多岐に渡る脳神経外科手術をより安全に行うことができます。

しかしながら、脳神経外科で行う手術や検査には絶えず合併症の危険が伴い、 100%安全で完璧というものではありません。そこで、個々の患者さんが後悔しない選択をされるために、時間をかけて説明し、患者さんの同意の上での手術・検査(インフォームドコンセント)を心がけています。また、希望のある方には、積極的にセカンドオピニオン(他院の専門医に、診断・治療方針等をご相談頂くこと)も受けて頂いています。

地域密着型の相談しやすい医療機関であると同時に、大学病院などの大きな病院にも劣らない最新・最高の医療が提供できるように日々研鑽に努めています。 どうぞ脳神経外科疾患が心配な方はいつでもご相談下さい。



 
手術件数

  2015年 2016年 2017年
手術総数 189 191 158
脳腫瘍 20 25 14
脳動脈瘤 36 33 30
内視鏡下血腫除去術 15 10
血栓回収療法
慢性硬膜下血腫 45 53 39
水頭症手術 15 12 10


 
セカンドオピニオン外来からのお知らせ

毎週火曜日:担当医師(松本)
セカンドオピニオンとは、「第二の診断(現在かかっている主治医以外の医師の意見)を聞く」 という意味です。 病気の理解を深めるために主治医以外の意見を聞くことにより、
  1. 主治医の診断や方針に対する確認が出来る
  2. 治療の妥当性を確認できる
  3. 主治医の示す治療法以外の治療法が得られる可能性がある
というような効用が期待されます。
逆にセカンドオピニオンを聞くことによって、患者さんご自身の迷いを深めてしまうという可能性も否定できません。 そのためには、まず現在の主治医の先生の話(ファーストオピニオン)を良く聞き、 疑問点も充分質問して頂いた上で、当科のセカンドオピニオン外来を受診して頂きたいと思います。 私どもが提供する意見や判断を、患者さんご自身の治療に際しての参考にして頂くのが目的ですので、 原則として当院での新たな検査や治療は行いません。 そのため、受診時に、現在診療を受けている医療機関の診療情報提供書(紹介状)、 検査所見(レントゲンフィルムのコピーなど)、保険証をご用意ください。 また、疾患によっては一度資料をお預かりし、充分検討させていただき1~2週間後に結果をご報告したり、 当院での経験の少ない稀な疾患に関しては、さらにそれを専門とする医療機関をご紹介すること (サードオピニオン)もあります。

実際にセカンドオピニオン外来を受診するには?
当科のセカンドオピニオン外来は、予約制で脳神経外科疾患全般に関してお受けします。 ただし、ご本人による事前のお申し込みを原則とさせて頂きます。
まず、火曜日の午前9時から11時30分の間に、当院脳神経外科外来へお電話ください (0533-86-1111)。 ご相談の概要、氏名・住所・生年月日・連絡先をお聞きした上、 後日実施日時をお知らせいたします。 内容によってはお断りする場合もございますので、 この点はご了承ください。



 
下垂体疾患外来からのお知らせ

下垂体とは、大脳の底に垂れ下がるようにくっついている1cm程度の小さな臓器で、主な働きはホルモン(血中へ分泌され全身に作用する物質)の産生です。下垂体はトルコ鞍と呼ばれる頭蓋骨のポケットにおさまっており、ここに腫瘍などの病変が生じると、以下のような症状を来たします。(1)視力、視野障害。視神経がトルコ鞍のすぐ上方を走っているため、視野障害、視力障害が出ることがあります。まず両耳側半盲(右眼の右側、左眼の左側の視野欠損)という視野障害が出現し、進行すると視力自体も低下してきます。さらに腫瘍が増大すると失明に至ることもあります。(2)ホルモン分泌過剰による症状。乳汁分泌ホルモンの過剰による乳汁分泌、無月経、不妊症、成長ホルモンの過剰による先端巨大症(鼻やあごの増大、手足の指先の肥大など)、副腎皮質刺激ホルモンの過剰によるクッシング病(高血圧、肥満など)などがあります。(3)ホルモン分泌低下による症状。小児で成長ホルモンの分泌低下があると成長障害により小人症を来たしますが、最近、成人での成長ホルモン分泌不全症が話題となっています。主な症状は、易疲労感、スタミナ低下、集中力低下、気力低下、うつ状態などです。その他のホルモン分泌低下では、全身の脱力や低血圧、低体温、寒冷過敏、短時間に多量の尿が出る尿崩症などの症状が出る場合があります。             
下垂体腫瘍の手術は、鼻からのアプローチで手術を行うため、見える所には創ができず、また、脳を触る開頭手術と比べると安全性の高い手術になります。しかし、かなり狭いスペースからの手術となるため、専用の機器や技術の熟練を要します。当院では、硬性内視鏡、エンドアーム(内視鏡の固定具)、ナビゲーションシステム等の最先端機器も導入して手術を施行しています。トルコ鞍にできる腫瘍としては、下垂体腺腫、ラトケのう胞、頭蓋咽頭腫、髄膜腫などがありますが、特に下垂体腺腫は、薬物治療の開発も進んでおり、手術や放射線治療とうまく組み合わせて治療を進める必要があります。             
下垂体疾患の診断、治療は、専門性が高いため、専門医による診察が必要です。また、内分泌内科や婦人科との連携が必要となることもありますので、そちらへ紹介させて頂くこともあります。上記症状でお悩みの方、治療について話を聞きたい方、お気軽に御相談下さい。尚、現在は下垂体疾患外来の標榜は出しておりませんが、担当医(渡邉)の外来日に受診して下さい。



 
担当医師の紹介



 
氏名、役職など

松本  隆

昭和57年名古屋市立大学卒業

副院長

脳神経外科部長

キャリア支援センター長

名古屋市立大学医学部臨床教授

日本脳神経外科学会代議員

専門分野

脳腫瘍の外科

頭蓋底外科

脳血管障害の外科

主な所属学会

日本脳神経外科学会

日本脳神経外科コングレス

日本脳卒中学会

日本脳卒中の外科学会

米国脳神経外科学会

資格など

日本脳神経外科学会専門医、代議員

日本脳神経外科学会指導医

日本脳卒中の外科技術指導医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

特殊外来

セカンドオピニオン外来(火曜日)



 
 
氏名、役職など

渡邉  隆之

平成12年名古屋市立大学卒業

脳神経外科部長

専門分野

脳腫瘍の外科

頭蓋底外科

神経内視鏡

脳血管障害の外科

主な所属学会

日本脳神経外科学会

日本脳神経外科コングレス

日本脳卒中学会、脳卒中の外科学会

日本脳神経外科手術手技と機器学会

日本頭蓋底外科学会

日本脳腫瘍の外科学会

日本神経内視鏡学会

日本間脳下垂体腫瘍学会

日本脳神経外傷学会

資格など

日本脳神経外科学会専門医、指導医

日本神経内視鏡学会技術認定医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

がん治療認定医

ISLS認定コーディネーター

特殊外来

下垂体疾患外来



 
 
氏名、役職など

山本  光晴

平成13年名古屋市立大学卒業

脳神経外科部長

専門分野

脳血管内治療

頭痛

主な所属学会

日本脳神経外科学会

日本脳神経外科コングレス

日本脳卒中学会

日本脳神経血管内治療学会

日本頭痛学会

資格など

日本脳神経外科学会専門医、指導医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

日本脳神経血管内治療学会専門医

日本頭痛学会専門医



 
氏名、役職など

松尾  州佐久

平成16年名古屋市立大学卒業

脳神経外科医長

専門分野

脳血管障害の外科

神経内視鏡

脳血管内治療

主な所属学会

日本脳神経外科学会

日本脳神経外科コングレス

日本脳神経血管内治療学会

日本神経内視鏡学会

資格など

日本脳神経外科学会専門医

日本脳神経血管内治療学会専門医

日本神経内視鏡学会技術認定医



 
氏名、役職など

柴田  広海

平成26年名古屋市立大学卒業

脳神経外科医員

専門分野

脳神経外科全般

主な所属学会

日本脳神経外科学会



 
診療担当一覧

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
B1
 診察室 
脳神経外科
午前
 
渡邉
(新患)
松本
(セカンドオピニオン)
山本 渡邉 松本
午後
 
渡邉
B2
 診察室 
脳神経外科
午前
 
松尾
(新患)
山本
(新患)
松尾 代務 山本
午後
 
B3
 診察室 
脳神経外科
午前
 
柴田 松本
(新患)
柴田
(新患)
午後
 
松本 松本
     緊急手術・学会等で担当医が変更する場合があります