このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
臨床検査科 

臨床検査科のご紹介

臨床検査とは、人から排出される尿、便など人体を流れている血液、髄液、また、人体を作っている細胞、臓器などの検体検査や臓器の状態を物理的に捉えられる生理検査があります。臨床検査は病気の診断、治療、病気の早期発見や予防になくてはならない手段です。
豊川市民病院 臨床検査科では患者の血液・尿などを調べる検体検査部門(一般検査、血液検査、臨床化学検査、免疫血清検査、輸血検査、細菌検査、病理・細胞診検査)と患者自身を検査する生理検査部門(心電図、脳波、超音波など)の検査があり、それぞれの検査を臨床検査技師(国家資格)が行っております。
また臨床検査科は24時間365日、臨床検査技師が常駐し緊急検査にも対応しております。さらに中央処置採血室、総合健診室の運営にも携わっております。
当院では信頼されるデータを提供できるよう検査オーダから分析までバーコードにより管理され、結果は熟練した臨床検査技師の確かな目とコンピューターによる何重ものチェックの上報告しております。また、各検査において内部精度管理のみならず日本医師会・日本臨床衛生検査技師会・愛知県臨床衛生検査技師会などの主催する精度管理に積極的に参加することにより常に正確なデータを迅速に報告できるよう日々努めております。
臨床検査科  技師長    南條  明徳

写真 検体検査室全景

各検査の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

中央処置採血室

写真 中央処置採血室入口
外来で受診される患者さんの採血をおこなっています。
(小児科受診の患者さんは、場合により小児科で採血します。)

  • 受付時間 8時00分~17時00分

  • 再来受付確認後、案内票にしたがい採血室へお越し下さい。
    血糖や脂質を検査するため食事時間の指定がある場合があります。

  • 緊急検査、診察前迅速検査は30分~1時間で結果を受診科に報告します。
    (検査内容により異なります。)

検査結果については受診科でお尋ねください。

・採血時に消毒用アルコールを使用できない患者さんや気分が悪くなりそうな患者さんは採血前に申し出てください。

写真 中央処置・採血室採血側全景 写真 自動受付装置 写真 採血台 写真 採血室・自動採血管準備装置
・喀痰、便検査容器は採血室へ提出してください。
喀痰の量が不足している場合や便の採取の仕方が誤っている場合は再度お願いする事があります。
写真 採痰室


 

緊急検査・診察前迅速検査

  • 採血後30分~約1時間で結果報告が可能です。(検査項目により異なります。)
    結果は随時、受診科や病棟へ送ります。

  • 患者の検査データはコンピューターに保存され、当院で採血した1年以内の検査データと比較して報告しています。

  • 診察前迅速検査は、診察時に医師が必要とする検査項目を実施します。

  • 血球数算定(白血球、赤血球、血小板など)

  • 凝固系検査(PTなど)

  • 免疫検査(腫瘍マーカー、甲状腺)

  • 生化学検査(肝、腎、膵、心機能、血糖、HbA1c、炎症反応、尿酸)

  • 血液ガス分析

  • 届けられた採血検体を必要に応じて遠心分離しています。

  • 検体はバーコード管理されています。医師から指示された依頼項目や患者の属性データーが管理されています。

  • 検体を分析機器にかけています。

  • 検査データはオンライン処理により即時に院内ホストコンピューターに転送されます。

  • 前回値と著しく違う場合や、基準値から大きく外れる場合は、コンピューターで表示され、再検査の指示をすることにより、正確なデータを提供しております。

写真 検体搬送オートリフト 写真 血液ガス分析装置

 

休日・夜間緊急検査

365日、24時間検査可能な体制で対応しています。救急外来を受診される患者さんや、入院中の患者の緊急時に備えています。

 

輸血検査

輸血業務は、血液製剤発注・保管・輸血検査・出庫等すべてを24時間365日臨床検査科で担当し一元管理しています。
輸血の安全体制を重視し、厚生労働省の指針に準拠した管理体制をとっています。輸血検査データはコンピューター管理による厳重な照合を行なっています。
輸血検査は全自動輸血検査システムを導入し24時間365日稼動しています。また、緊急輸血にも対応出来る血液製剤を常に準備しております。

写真 輸血検査スペース 写真 輸血検査用自動装置

安全な血液を供給するために血液型、不規則抗体検査、交差適合試験を行なっています。
血液型はABO式、Rh(D)式を調べます。血液型を誤って輸血すると大きな事故につながり死亡することもあります。
不規則抗体検査は過去の輸血や妊娠により産生された抗体が存在するかどうかを調べ、輸血の際に不適合輸血にならないようします。
交差適合試験は輸血用血液と輸血を受ける患者さんの血液を反応させ、輸血の適合性を調べます。
当院ではこれらの血液型、不規則抗体検査、交差適合試験を全自動輸血検査システムで24時間365日検査しています。


「自己血輸血」も実施しています。
「自己血輸血」は患者さん自身の血液をあらかじめ採血して保存しておき、実際に輸血が必要な時に患者さんに戻すという方法です。 適応については、主治医に相談して下さい。

写真 輸血用血液パック
輸血用血液パックです。血液センターから供給される血液は、血液型ごとに色分けされています。(A型は黄色、O型は青、B型は白、AB型は赤)

 

血液検査

血液検査では、血球数算定・血液像・凝固線溶検査・血沈・骨髄像の検査等を行なっています。
コンピューターによるチェックにかかった検査結果は、再検し受診科に報告しています。精度・迅速をモットーにしています。

血球(赤血球・白血球)、血色素、血小板などの血球数算定と血液を凝固させる成分を分析する凝固線溶検査があります。

写真 全自動血球計数分類装置標本作製装置 写真 自動顕微鏡自動血液細胞分類装置

画像

血液検査では貧血や多血、白血球の増減の有無などを調べ、血球の形態観察結果よりその原因追求を行ないます。

画像 血液検査白血球赤血球 画像 血液検査骨髄像


凝固線溶検査

凝固線溶検査では血液中の凝固因子を調べ、出血傾向がないかを確認します。

多機能複合機凝固関連検査等

画像

 

臨床化学・免疫検査

臨床化学検査

肝臓・腎臓・膵臓の状態や脂質、糖代謝などを調べ、疾患の診断や治療の目安とします。
感染症の検査や、腫瘍の指標となる検査項目を実施し早期治療やその後の治療に役立てます。

  • 正確な結果報告をするため、データのコンピューター管理や分析機器のメンテナンスなど日々気を配っています。また、他の病医院や検診施設とデータを共有できるように多種の外部精度管理・内部精度管理を実施し、精度の向上に努めています。


基準値は成人を対象とするもので、小児は異なります。
また、愛知県臨床検査標準化協議会(AiCCLS)に加盟し、統一化基準値に準じております。



免疫検査

B型肝炎、C型肝炎や梅毒、HIVなどの感染症関連項目、及び腫瘍の指標となる検査項目を実施しています。
新病院では、アレルギー検査や様々なホルモン検査も院内に導入し、当日には検査結果を報告できるようになりました。
写真 全自動化学発光免疫測定装置(感染症等) 写真 電気化学発光免疫測定装置(甲状腺機能検査等)
写真 全自動免疫化学発光装置

 

一般検査

尿・髄液・体腔液(腹水や胸水)などの検査をしており、患者さんの状態によっては医師の指示により緊急対応をしております。



尿検査

尿は、人体の恒常性を維持するために最も重要な排泄物です。尿の成分を分析することは、人体での代謝状況を知る上で多くの手掛かりを得る事ができる重要な検査材料であり、最も基本的な検査です。腎・尿路系障害の有無や、一般状態の把握、肝・胆道系障害の有無、糖尿病の有無判定の第一次スクリーニング検査として有用です。
尿は、本来きれいなものです。尿が汚いと思われるのは、尿が体の外に出て時間が経つと、尿の成分が分解して不快なニオイを放つからです。健康な人の尿は、透明な淡黄色~むぎわら色です。しかし、食事や飲み物、薬などにより、淡い色から黄褐色まで様々に変化します。

画像 検体
尿のPH、たんぱく、糖、比重、ビリルビン、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、白血球およぴ尿中の細胞成分や、細菌の有無を調べる事により、腎臓や尿路系だけでなく全身の状態を推測する事ができます。

又、婦人科においては、ゴナドトロピン(hCG)というホルモンを検査する事により妊娠の診断ができます。

写真 尿分析尿中有形成分分析装置 写真 浸透圧測定装置


糞便検査

糞便検査には、消化器官より出血があるかどうかを調べる便潜血反応と寄生虫(回虫やサナダムシなど)がいるかどうかを調べる虫卵検査とがあります。


  1. 便潜血反応
    癌やポリープなどの病変が大腸などに発生すると便が通過する時に生ずる物理的な刺激で出血することがあり、この出血の有無を調べます。日本人の食生活の変化により増加傾向にある大腸癌の検診に有用です。
写真 便潜血反応測定装置

  1. 虫卵検査
    日本では、寄生虫は殆ど見られないようになりましたが、最近食生活の変化(野菜の無農薬栽培や魚介類の生食などのグルメ嗜好)により、再び寄生虫が増加傾向にあるようです。便を顕微鏡で観察し、寄生虫卵の有無を調べます。



髄液検査

髄液は、脳室、脊椎管内、くも膜下腔を満たして循環し、中枢神経の保護、恒常性の維持、老廃物の処理などの役割を担っています。髄液は、中枢神経系に直接接しているため、各種の病態を反映します。
髄液の蛋白、糖、細胞数や種類を検査し、各種の神経系疾患、髄膜炎、脳室内の出血、くも膜下出血などを鑑別します。



体液検査

腹水、胸水など病的に溜まった体腔液が、浸出液か漏出液かを区別します。

 

生理検査

生きてゆくのに必要な生体の機能(呼吸・心臓・神経など)について、専用の機器を使って検査します。心電図は緊急対応しております。

写真 生理検査受付 写真 生理検査待合



心電図検査

心電図検査は、心臓の検査です。心臓の活動によって生じる電気的変動を記録するもので、不整脈・狭心症・心筋梗塞などの診断に利用されます。
写真 心電図検査室


[安静時心電図]  検査所要時間  5分
ベッドの上で安静にして記録する通常の心電図のことです。

[負荷心電図検査]
安静時には心電図に異常が見られなくても、運動をさせて心筋の酸素の必要量を増やすと、不整脈が出たり、心筋に十分な血液がいきわたらない状態になり、心電図に変化が現れることがあります。 心臓に負荷を与えて、潜在している疾患を見出す方法です。

  • マスター負荷心電図    検査所要時間  15分
    二段階の階段の上り下りを行い、その後の心電図の変化を見ます。

  • トレッドミル検査    検査所要時間  30分
    動くベルトの上を歩きます。ベルトのスピードと傾斜は医師がモニターを見ながら決定します。マスター負荷心電図検査より負荷は大きくなります。

[ホルター心電図検査]  検査所要時間  24時間 機器装着時の重さ約100g
胸部に5個の電極を貼り付け、記録器(7×7cm)に24時間分の心電図を記録します。日常生活の一過性の不整脈や虚血性変化などがないかを調べる検査です。
激しい運動、お風呂・シャワーはやめていただきますが、その他の日常生活に差し支えはありません。



脳波検査

・検査所要時間  1時間程度
写真 脳波検査室
脳波検査は、脳から生ずる電位変動を頭皮上の電極から記録するものです。 てんかん、脳腫瘍、脳炎、脳血管障害などの診断に際して、きわめて重要な検査です。
頭皮上に電極を装着して、ベッドに横になり、軽く眼を閉じて力を抜き、楽にしていただくだけです。記録の途中で、眼の開閉・3分間の深呼吸・光の点滅刺激などの刺激を与えて、脳の反応を見ます。
痛みはありません。小さなお子さんは寝てから検査しますが、ある程度聞き分けられるようなら、覚醒しているところから寝るまでの間を検査します。 うとうとした睡眠状態の脳波を記録しますので、睡眠不足気味で来院されたほうが スムーズに検査が出来ます。



超音波(エコー)検査

・検査所要時間  15~30分
写真 超音波検査
超音波検査とは、非常に高い周波数の音(超音波)を利用して、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓や子宮・卵巣・前立腺・膀胱などの内臓、また、乳腺や甲状腺に異常がないかどうかを調べる検査です。 心臓の動きや頚動脈の血流の状態についても検査できます。

患者さんはおなかや胸を出して、ベッドに仰向けに寝ていただき、ゼリーを塗って、超音波の出るプローブと呼ばれるものを当てるだけです。

超音波は人体に害がなく、痛みもありません。繰り返し検査が可能ですので、安心して検査が受けられます。



肺活量フローボリューム検査

・検査所要時間  5分
写真 呼吸機能検査
肺から出入りする空気の量などを測定して、肺の働きを見る検査です。 呼吸器疾患の重症度を調べたり、大きな手術の前に肺の働きをチェックするために行います。

基本検査として肺活量と努力性肺活量検査があります。肺活量検査は肺が一度に取り込める空気の量を測定し、努力性肺活量は息をいっぱい吸い込んだ後に、力一杯息を吐き出すその勢いを測定します。

痛みなどの苦痛を伴うことはありませんが、患者さんの精一杯の協力がなければ正しい検査結果が得られない検査です。 検査の際、担当技師が詳しく説明し、患者さんががんばれるように大きな声で誘導させていただきます。




神経伝導速度検査

・検査所要時間  30分~1時間
腕や足に弱い刺激を与えて、運動神経、知覚神経などの伝導速度を調べ、神経障害の有無やその度合いを評価します。
神経を刺激して、伝わる速さを計測します。ピリピリ感、痛み、違和感を憶えるかもしれませんが、身体に害はありません。


聴力検査

・検査所要時間  10~15分
純音という音波のもっとも単純(基本)な音の聞こえを、気導検査と骨導検査といわれる2つの方法で調べます。 気導検査とはヘッドホンからの音を聞いてもらい、どの程度聞こえるのかを調べます。 骨導検査とは耳の後ろに端子を付けて、骨から音を聞いてもらい、耳の中の器官(内耳)からの聞こえ方を調べ ます。
ヘッドホンからチーチーやピーピー等の音が聞こえたらボタンを押していただきます。聞こえるもっとも小さい音を 調べますので、検査中は音を聞くことに集中してください。
写真 聴力検査室 写真 聴力検査室内
非常に小さい音を正確に拾うため、外からの音を遮断した、聴力ボックスと言われる特別な部屋で検査は実施されます。

 

細菌検査

感染症の疑いのある患者さんからの検体(便・尿・喀痰・膿・血液など)を、培養し、原因となる細菌・真菌・ウィルスの検索と薬剤感受性検査を実施しています。

写真 細菌検査室全景
培養には、最低2日間の日数を必要とします。発育に時間を必要とする菌は報告までに5日くらいかかる場合もあります。
データは、結果が出たものから迅速に、コンピューター画面にて、受診科へ返却しています。
検査データは、すべてコンピューター管理し、院内感染対策にも協力しています。



写真 嫌気・微好気ワークステーション
・人間の体の中は、無菌的なところと菌が生息しているところがあります。口の中や大腸には、菌が生息していて、外から入ってくる細菌からからだを守ったり、消化を助けたりしています。
・感染症をおこしていると思われる場合に、喀痰・尿・便などを培養して、原因となる菌を見つけ、治療薬を探すことができます。


食事をして、下痢をした場合
便を培養して食中毒の原因となる細菌を検出します。
      サルモネラ・腸炎ビブリオ・赤痢・コレラ・腸管出血性大腸菌など
 
咳や痰が続くとき  
喀痰を培養して、咳や痰の出る原因菌を検出します。
      結核・肺炎球菌など
 
膀胱炎をおこしているとき  
尿を培養して、原因菌を検出します。
      大腸菌が多いです。
 
インフルエンザかな?というとき  
鼻腔ぬぐい液で、インフルエンザウィルスの検査をします。
 



トピックス:食べ物と細菌

  原因となる細菌
  鶏肉   サルモネラ、キャンピロバクター
     サルモネラ
  豚肉・卵   エルシニア
  魚介類   ビブリオ
  海外での飲食   コレラ、赤痢、O-157

食中毒は、夏場に多いと思われがちですが、冷蔵庫の普及や輸入食品の増加により最近では1年を通じて発生しています。



緊急検査への対応

写真 血液培養自動分析装置
インフルエンザウィルス・ロタウィルス・結核菌の塗抹検査は、検体提出から30分以内に報告するように努めています。
(上記検査は24時間365日対応しています)

患者さんの発熱に伴う、菌血症には、自動血液培養装置にて、採取後24時間体制で監視しています。
その他、医師が緊急と認めたものは、随時対応しています。

写真 細菌感受性測定装置

○薬剤感受性試験
薬(抗生物質)を滲みこませたろ紙の回りに菌が発育しているのが、薬が効いていないということです。
画像 薬剤感受性試験結果
画像 喀痰をガラスに塗って、染色した顕微鏡写真です。

 

病理・細胞診検査


  • 病理検査では、手術中の迅速検査に対応しております(病理専門医来院日)。また、組織検査において診断困難な症例では免疫組織化学等の手法を用いて正しく診断出来るように努めております。
  • 細胞診検査でも迅速検査を行なっております。また、検査に際し2人の細胞検査士のダブルチェックで報告し、問題のある症例は病理専門医の診断をうけて報告しています。
  • 病理解剖は24時間365日体制で医師の介助をしております。

写真 病理検査室 写真 自動封入・染色装置


病理検査

画像
胃癌(ホルマリン固定標本)
「病理検査」とは問題のある組織を切除し、薄く切ってスライドガラスにのせ染色をして顕微鏡でその病変が何かを病理専門医が診断する検査です。切除には外来で行なう簡単な切除から一般に言われる手術による切除があり、こうして採られた組織がどんな病気か、あるいは癌がどのくらいの大きさで、切り取られた組織の端(「断端」といいます)に癌細胞が残っていないか、などを調べます。しばしば診断の困難な症例に遭遇しますが、このような場合は免疫組織化学検査の手法を用いたり、専門分野の病理専門医に相談したりすることにより診断精度の向上にも努力しています。
また、手術中に迅速組織診検査を行なう事により切り取る範囲を決定し、出来るだけ患者にリスクの少ない手術の手助けをします。

写真 臓器切り出し室 写真 免疫染色装置


細胞診検査

画像
肺癌(喀痰中の扁平上皮癌)
「細胞診検査」は体のすべての部分から採取されるもの(尿、喀痰、子宮腟の粘膜、気管支の粘膜、リンパ節や乳腺の穿刺など)が対象となる検査で、採られたものの中に癌細胞が含まれるかどうかを細胞検査士が調べます。この検査は手術よりも患者の負担が少ないのが特徴ですが、細い針で採取する時には細胞がうまく取れず再検査する時もあります。また、迅速細胞診検査といって手術中に迅速に検査する事により手術範囲やその後の治療方針の手助けをします。

写真 技師鏡検室


病理解剖

「病理解剖」は亡くなられた患者がどんな病気が原因で亡くなられたか、生前の治療が適切であったか、また生前知り得なかったほかの病気があったかどうかなどについて全身の臓器を対象に調べ、定期的に病理専門医が臨床医、医師会の先生方とともに検討会を開き、今後の治療や医療の質の向上に貢献しています。また、承諾をいただいた患者の病理解剖結果は患者の個人情報を伏せた上で日本病理学会の刊行している日本病理剖検輯報(ぼうけんしゅうほう)という本にまとめられ、全国の医学研究者にも活用されております。

写真 病理解剖室 写真 臓器保管庫