このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
腎臓内科 

腎臓内科のご紹介

腎臓内科は、腎炎、ネフローゼ、腎不全などの腎臓疾患の診療をしています。 腎臓病の中にはゆっくりと進行して腎機能が徐々に低下し、慢性腎不全に至る場合があります。 慢性腎不全がさらに進行すると尿毒症となり、透析療法が必要となります。
最近では、糖尿病や高血圧による腎臓障害の患者さんが増加しており、それにより透析療法を施行中の患者さんも増加傾向にあります。 慢性の腎臓病では、ある程度病気が進行しないと症状がでにくく、そのため定期的な受診によって現在の症状を正確に把握し、腎臓障害の進行を少しでも遅らせることが大切です。 そのためには、やはり早期発見、早期治療が重要です。 健康診断にて尿蛋白などの検尿異常や腎機能障害を指摘されたことがある方は遠慮なくご相談ください。

取り扱う主な疾患

急性糸球体腎炎

慢性糸球体腎炎

ネフローゼ症候群

急性腎不全

慢性腎不全




外来診療担当医

腎臓内科の外来診療担当医は下記となります。
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
D2
 診察室 
腎臓内科
午前
 
伊藤 伊藤
午後
 
伊藤 伊藤



担当医師の紹介(常勤医師)

私たちが、豊川市民病院の腎臓内科を担当しておりますので、宜しくお願いします。
病気についてや症状でお悩みの方など、お気軽にご相談ください。
医師名 卒業年度 出身大学 役職名 認定医、専門医等
伊藤 彰典 平成6年 名市大 部長

日本内科学会認定内科医

日本内科学会総合内科専門医

日本腎臓学会認定指導医

日本腎臓学会腎臓専門医

日本腎臓学会学術評議員

日本透析医学会指導医

日本透析医学会透析専門医

日本リウマチ学会専門医

日本医師会認定産業医

伊藤 裕之 平成23年 名市大 副医長
日本内科学会認定内科医