このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
病診連携室 

病診連携室のご紹介

病診連携とは
医療機関には、地域の診療所から高度な医療機器を備える大学病院まで様々な規模の機関があります。また主に病状が安定しない急性期の患者の方を診る病院や、病状が安定した方の療養に専念するための病院など、医療機関によってその役割は様々です。
それぞれの医療機関は、その長所を生かし患者の方の病気の治療に努め、必要に応じて他の医療機関を紹介し、より適切な医療を受けていただくことになります。
特に、日常的な診療を行なう診療所など“かかりつけ医”よりの紹介を受け、より高度な専門的治療を実施する医療機関を受診していただき、また、病状が軽快、安定した段階で、“かかりつけ医”に戻り治療を継続していくネットワークを「病診連携」と呼びます。


当院は病診連携を推進していきます
豊川市民病院は、東三河の南部を範囲とする急性期医療を担当する病院です。二次医療機関と位置付けられ、一次医療(かぜやケガなど軽度の症状)で診ることが困難な病気、手術、入院などが必要な方にご利用いただく病院です。
急性期医療の充実を推進し、地域の医療・福祉機関等との連携を深め、地域完結型医療のスムーズな実践を目指します。


病診連携室をご利用ください
受診予約の受け付け始め、紹介・逆紹介に関する業務は「病診連携室」で行っております。