キャリア支援センター
初期臨床研修 

 

平成29年度豊川市民病院臨床研修プログラム

 

研修概要

 

臨床研修カリキュラム

 

横断的カリキュラム

各科プログラムでは経験できない項目や2年間を通じて研修する機会が必要な項目について、 到達目標達成に向けた研修を行うとともに、研修医の臨床能力及びプライマリケア能力の実力向上のため、横断的カリキュラムを実施する。

【横断的カリキュラム】
  1. ICLS認定コース(年4回)  詳細はこちら
  2. ISLS認定コース(2年に1回)
  3. JMECC認定コース(年1回)
  4. CPC(臨床病理検討会、WebCPC等を含む)(年6回以上)
  5. 救急症例カンファランス(2年次)(年1回)
  6. 集談会(1年次)(年1回/学会発表形式)
  7. ER症例合同カンファランス(隔週1回)  詳細はこちら
  8. 病診連携フォーラム(年3回)
  9. 内科臨床カンファランス(月2~3回)
  10. 「豊川医学講」(隔週1回)  詳細はこちら
  11. 各科合同カンファランス
  12. 院内講演会  詳細はこちら
  13. NCU  Infection seminar(名古屋市立大学と連携)


 
ICLS認定コース

写真 実習の様子
ICLS(Immediate Cardiac Life Support)
 
画像 修了証
 
ICLSとは
医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。
緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。
講義室での講義はほとんど行わず、実技実習を中心としたコースです。
受講生は少人数のグループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、 約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。

参加者について
現在のところ当院の院内コースであり、当院の研修医、看護師、技師、ME、豊川市の消防隊が参加しています。 1回4ブースで1ブースにつき6名の参加者で構成されているため、1回の受講で計24名の参加者に参加していただいています。
年4回施行しており、1年目の研修医は5月か6月の各年度の第1回目のICLSの受講が義務付けられており、 ICLS受講後はプレインストラクターとして参加可能ですので、研修修了時に救急医学会認定のインストラクターになることも可能です。

雰囲気について
日本救急医学会認定インストラクターまたはディレクター資格を持つ医師、看護師、ME、技師が中心になり、運営していますが、 インストには内科系、外科系の医師が混在しており、専門分野にとらわれることなく、心肺蘇生を学ぶ横断的なプログラムとして機能しています。

 
ER症例合同カンファランス

写真 カンファランスの様子

  1. 主催
  2. キャリア支援センター

  3. 開催日時
  4. 第2、第4 月曜日  午後5時30分から  1時間程度

  5. 会場
  6. 院内会議室

  7. 参加者
  8. 研修医(必須)

    臨床研修センター医師、放射線科医師、検討症例の主治医・指導医

    将来的には他職種(看護師等他部門の職員)の参加も考慮していきたい。

  9. 内容
  10. 救急外来で診察した症例について、診察医(研修医)がERでの診療行為に関してプレゼンテーションを行い、その後の経過、診断、治療について、主治医がコメントする。さらに、その症例の問題点、今後気をつけていく点をディスカッションする。

  11. 目標とするところ
  12. ER症例に関しての研修医へのフィードバック及び教育をシステム化し、実施することで、 研修医の臨床能力及びプライマリ・ケア能力を高めることを目標とする。


実施カンファランス一覧(PDFファイル:135KB)


 
豊川医学講

写真 講義の様子1

写真 講義の様子2

写真 講義の様子3

  1. 主催
  2. キャリア支援センター

  3. 開催日時
  4. 第1、第3 月曜日  午後5時30分からの30分間程度

  5. 会場
  6. 院内会議室

  7. 参加者
  8. 研修医(必須)、キャリア支援センター医師、その他指導医等自由参加

  9. 内容
  10. 医学関連全般事項について、研修医自身が学びたい題材を提供し、参加者による討議を行う。

    (題材例)

    学びたい症例(ER症例、受け持ち患者症例等について、カルテ、写真、関連文献等を用意し、研修医がプレゼンテーション)
    英文論文(サマリーをプレゼンテーション)
    研究会・学会等の発表予行演習
    臨床研修及び医学全般に関して討議したい事項や問題提起など
    他病院等で実習した場合の体験報告等
  11. 目標とするところ
  12. 【学ぶ】

    プレゼンテーションの仕方、英文文献のあたり方・読み方、抄読会での発表の仕方、研究会・学会等での発表の仕方など。

    【相談する】

    研修医から上級医へ。研修医生活全般のよろず相談可。


 

救急セミナー

 

地域医療研修

地域医療研修

地域の中小病院・診療所を研修協力施設とし、患者が営む日常生活や居住する地域の特性に即した医療や急性期病院以外の医療の実態を経験し、理解する。
研修期間は、4週間を基準単位とし、各研修協力施設をローテートし、この期間にできるだけ多くの地域医療の実際を経験する。
また、必修研修期間(1か月)以外に、選択研修科目として、地域医療研修を希望する場合は、適宜、研修協力施設と調整を図り、研修を行う。

【研修協力施設】 以下のPDFファイル(研修プログラム)を参照してください。

(リードスピーカーでは人名が正しく読み上げられない場合があります。)

医療機関名 院長名 研修期間
可知病院(121KB) 可知 裕章 1週間
池田内科循環器科(56KB) 池田 浩志郎 6施設で3週間
タチバナ病院(81KB) 伊藤 文則
井上医院(64KB) 井上 和彦
大石病院(156KB) 大石 明宣
国府病院(78KB) 大谷 享
大野泌尿器科(94KB) 津ヶ谷 正行
大橋医院(64KB) 大橋 茂樹
後藤病院(54KB) 後藤 学
ささき小児科(71KB) 佐々木 俊也
たけもとクリニック(74KB) 竹本 正興
樋口病院(59KB) 樋口 俊寛
福田内科(66KB) 福田 成俊
鈴木耳鼻咽喉科(70KB) 鈴木 昭男
田中内科医院(96KB) 田中 裕二
 

地域保健研修

地域保健研修

保健所、介護老人保健施設、社会福祉施設等を研修協力施設とし、地域保健の現場を経験し、各施設の役割について理解し、実践する。
研修期間は、4週間を基準単位とし、各研修協力施設をローテートし、この期間にできるだけ多くの地域保健の実際を経験する。

【研修協力施設】

(リードスピーカーでは人名が正しく読み上げられない場合があります。)

研修協力施設名 研修実施責任者 研修期間
愛知県豊川保健所 所長 若杉 英志 2週間
豊川老人保健施設
ケアリゾートオリーブ
理事長 樋口俊寛 1週間
障害者支援施設 シンシア豊川 理事長 桑名 良輔 1週間
 

初期臨床研修規定

 

初期臨床研修医が単独で行って良いこと

 

初期臨床研修ノート電子版

はじめに
臨床研修ノートは、厚労省の定める到達目標をminimal requirementとして、全研修医が一定の水準の初期臨床研修を受ける権利を担保するため、平成16年度の初期臨床研修制度発足時より、その運用が各臨床研修病院に義務付けられています。紙ベースの研修手帳のようなもの、EPOC(オンライン臨床研修評価システム)に代表される電子媒体によるもの、いずれかの運用が一般的に行われています。当院では従来、紙ベースの臨床研修ノートでその運用を行ってきましたが、臨床研修センターで随時その進捗状況を把握することは困難で、年2回行う「研修医ヒアリング」でチェック指導していました。しかし、実際には2年次終了直前に多くの到達目標や、各診療科指導医の評価を集めるなど、一部運用の形骸化が認められていました。そこでこれら問題に対処すべく、常時臨床研修センターで各研修医の研修の進捗状況が把握でき、また臨床研修プログラムの改変にも柔軟に対応できる簡便な「電子研修ノート」を作成しました。各研修医にノート型PCを貸与しこれを用い、約半年の準備期間、約半年間の試用期間を経て、平成22年度に正式運用を開始しました。その後種々の改変、増強を繰り返してきました。今後も適宜必要に応じてより良い電子研修ノートにしていく予定ですが、現在はかなり使い勝手の良い(研修医、指導医、指導者、研修センター共)研修ノートとなっています。そこで、特に当院での初期臨床研修を考えてくれている医学部学生を主な対象に、その一部をHome page上に公開することにしました。初期臨床研修病院を決定する上で、参考になれば幸いです。 なお公開するのは、現在当院で臨床研修を行っている2年次研修医の実際の研修ノートです(個人情報に配慮した形で一部改変してあります)。初期臨床研修1年数か月時点での各種手技、経験、症例数等もupしてありますので、この点も当院の臨床研修の実態を把握する上で有用かと思います。

臨床研修ノートは以下のPDFファイルを参照してください。

目次
  1.  電子臨床研修ノート使用マニュアル(臨床研修センター監修)(1659KB)
  2.  実際の電子研修ノートの本体(Excel base) PDF版)
  3. ※実際はEXCELファイルに下記入力様式のsheetを設けて、研修医本人、指導者双方が同一EXCELファイルに入力する形式で運用していますが、ホームページ掲載の都合上各sheetをPDFファイルに変換して表示しております。
  4.  退院サマリー(記載済1例分の提示:実際には2年間で50症例以上は記載する)(157KB)
  5.  各種書類(診断書、死体検案書、紹介状等:現物割愛)
  6.  頻度の高い疾患のレポート(代表例1例のみ)(149KB)
  7.  緊急を要する疾患のレポート(代表例1例のみ)(235KB)
  8.  A疾患のレポート(代表例1例のみ)(264KB)
  9.  その他、手術記事、各種カンファレンス、各種学会等の発表内容も、保存フォルダー内に、保存してある(実物は割愛)。
  10.  前記6,7,8の各種レポートは、内科認定医受験時にそのまま流用できるよう、ここに提示する「内科認定形式の例」(163KB)のフォーマットで記載することを推奨している。

臨床研修修了認定時(修了認定の臨床研修管理委員会開催時)には、臨床研修センターが、これら「電子研修ノート」のすべてをプリントアウトする。これを各委員が閲覧し、研修修了の可否を決定する。プリントアウトした紙ベースのポートフォリオのすべては、電子媒体とともに最低5年間は臨床研修センターで保管する。

豊川市民病院 キャリア支援センター
平成27年8月
 

臨床研修組織体制

 

人材育成年次計画表