このページの本文を印刷します

看護局
職場紹介 

救急センター(救急外来・救急病棟)・ICU


平成27年度よりICUが独立しました。さらに救急病棟と救急外来が統合し、救急センターとなりました。

ICU(Intensive Care Unit)

ICUは診療科を問わず、重症患者さんや侵襲の大きな術後の患者さんなどに対して集中治療を目的とする病棟です。
ICU6床(現在は4床稼働)は、2対1看護で業務に当たっています。
写真 業務の様子1
写真 業務の様子2 毎朝、医師と看護師でICUカンファレンスが開かれます。ここで患者さんに対する情報や治療内容を、科を問わず共有します。また、治療方針についても検討を行っています。
ICUには様々な疾患、年齢の患者さんが入室されます。
私たちは、質の高い看護を行うために定期的な学習会を行い、個々の自己研鑽に努めています。
また、緊迫した雰囲気の中でも冷静な判断力と患者さんに対する思いやりを忘れず、患者さんに暖かな看護を提供できるよう心がけています。
写真 業務の様子3
写真 業務の様子4 写真 業務の様子5


救急センター

救急外来と救急病棟が統合して救急センターとなりました。救急外来は、24時間体制で来院される患者さんに対応しています。救急認定看護師を中心に、スタッフが院内トリアージを行い適切な医療・看護を行えるよう努めています。 写真 業務の様子6
写真 業務の様子7 救急病棟は、主に夜間の入院患者の対応を行っています。基本的には次の日に一般病棟に転棟されますが、短い期間の中でも精一杯、質の高い看護を提供できるよう努力しています。また、病状や一般病棟の状況次第では日中でも患者さんの受け入れを行うこともあります。
ICU、救急センターは併設されています。「チーム医療を発揮し、チームであなたをサポートします」をモットーに一丸となり、私たちはお互いに声を掛け合い、それぞれの垣根(ICU・救急病棟・救急外来)を越え、チームとして治療・看護にあたっています。
写真 集合写真